商品先物分析情報?簡単明瞭第一主義
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ボルカールール
ボルカーショックをどう切り抜けていくのか・・・
これが最大のPOINTとなっている。
市場が萎縮しており、このままだと
ハードな調整を余儀なくさる。

買い一辺倒のポジション保有なら
注意したい局面だろう。
スポンサーサイト
PGM続伸。 パラは1308でCB発動。
OIL反落・・戻り売り分析中
(CFTCの建て玉規制は持ち高規制のレベルがかなり上で設定で影響はなさそう)
金は押さないと買わない。
ゴムは押し目買い基調のまま。まだ高そう。
穀物・・・コーンは押し目買い。大豆は戻り売り

N225は高値更新。
外人大幅買い、連日買いで基調は強く11000円
の声を今日聞けるか・・。
◆連休明け雑感・・・おはようございます。
雇用統計のベアサプライズ・・・想定外でした。
ワシントン州の地銀ホライゾン・バンクが経営破綻発表など、まだまだ利上げには遠い道のりということで
ドル売りになっております。 よってドル建商品は買われるのですが 貴金属のみでした。
14日にはCFTCがエネルギー市場での持ち高規制案を発表する予定であり、油間関連は冴えない動きに
なりそうです。粗糖は欧州で白糖余剰在庫が出回るなど行き過ぎ・過熱感でクールダウンの時期。

・PGM・ゴム・金が強く
・穀物ではコーン↑、大豆↓ ・・・今晩USDA発表。
・油関連は 横ばい?下落
・粗糖は国内で5000円ほどの調整か
 当先で鞘が8000円程度まで縮小してくるのでは・・



全面高
全面高。

PGMまだまだ買い。
金は調整してからかと思っていたのですが反転ですね。
原油は89ドル目標
コーンはまだまだ買い。大豆はパス。
粗糖もまだ買い・・30セント。

と総括的にいえば金融緩和でじゃぶじゃぶマネーが
相場を上げるという構図ですね。意外と簡単。
そして深い押しは案外ない。08年の2月の中国ショックのような
格好で下がる時はそれなりの材料で全体ハードな調整を入れる
パターンでしょう。
円高?大手邦銀公募を受け。
ドル・円は、大手邦銀の公募増資(8000億円)報道、1/8発表の米国12月の雇用統計
を控えたドル買いポジションの手仕舞い、東京株式市場が堅調に推移していることを
受けたリスク志向のドル売り、本邦輸出企業、本邦資本筋からのドル売りで92円55銭
から91円79銭まで軟調に推移
******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。